トリニティーライン シミ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

トリニティーラインはシミ対策化粧品ではない!?

 

 

トリニティーラインは8年連続モンドセレクション金賞を受賞する人気のオールインワンゲルです。多くの方が愛用し、口コミでもシミが薄くなったなどの喜びの声を報告しています。ですが、実はですがトリニティーラインは元々、シミ対策化粧品ではないのです・・・

 

多くの方がトリニティーラインをシミ対策に使用しているようですが、トリニティーラインの公式サイトにシミに対する訴求は一切ない!!という事も私も確認しました。もし、気になる方は以下から確認してみて下さい!!

 

トリニティーラインの公式サイト「にシミに関する訴求はない」という事を確認する!!

 

 

トリニティーラインがシミ対策でないなら、何が目的なの!?

 

 

【トリニティーラインの全成分】
シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

 

 

上記の内容をまとめておくと、トリニティーラインはためしてガッテンで紹介されたわけではないのですが、紹介された内容に驚くほど合致しているという事です。最後にですが、トリニティーラインの特徴をまとめておきます。

 

トリニティーラインはモンドセレクション8年連続(※2010〜2017年8年連続受賞)最高金賞受賞のオールインワンジェルです。化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1本に凝縮冴えれた年齢肌のためのオールインワンジェルです。

 

 

1、水を一滴も加えず、95%以上を美容成分で満たす新発想!!

 

 

化粧品は水をベースにしている。ならば、この水をすべて美容成分に置き換え、濃度をもっと高めることで、より効果の期待できる化粧品ができないか。。。そう考えたドクタープログラムは9年の歳月をかけて開発し、かつてない高濃度配合に成功した集大成がトリニティーラインです。

 

年齢肌に必要な48種類の美容成分を贅沢配合!

 

保湿 ⇒ 天然型セラミド、モイストセラミド成分、レシチン、4種のヒアルロン酸、
        マリンコラーゲン、14種のアミノ酸、アミノキャッチ、スクワラン
ハリ・弾力 ⇒ ホチキスポリマーα、ツボクサエキス、クアトロリフト
キメ・つや ⇒ カンゾウ根エキス、シラカンバ樹液、クチナシエキス、オトギリソウエキス

 

 

2、高保湿、セラミド成分を当社従来品に比べ55倍の高濃度配合!!

 

 

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。大人の肌がゆらいでしまう大きな原因のひとつが、肌の保湿成分セラミドの減少。失われたセラミドをたっぷり補うため、従来品の55倍もの「セラミド成分」を配合しています!!

 

 

3、お肌にやさしい使い心地で安心の成分!!

 

 

品質とやさしさにこだわり、成分を厳選。敏感になりがちな年齢肌のためにやさしい使い心地で安心して使用ができます。無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、ノンパラベンアレルギーテスト済み、パッチテスト済み、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済、連用テスト済

 

※全ての方にアレルギー皮膚刺激が起こらないというわけではないです。

 

 

ですから、トリニティーラインを使用するのであれば、あくまでもオールインワンゲルとして肌の乾燥やはり、艶などのために使用するのが目的になるでしょう。トリニティーラインは医薬品ではないので、シミが治るとかシミが薄くなるというのを直接宣伝するのも薬事法違反になります。

 

それらの内容をしっかりと踏まえて上で私たちもトリニティーラインを使用したいところです!!

 

 

トリニティーラインをシミ対策に使うかは個人の自由です!!

 

 

上記でも触れたようにトリニティーラインはシミ対策化粧品ではありません。ですが、それをどの様な効果を期待するかは個人の自由という事です。シミに対する訴求が公式サイトになくても、個人が良いなと思えば使っても良いという事です。

 

それにトリニティーラインの口コミを見ると確かにシミについて触れている方が多いのも事実です。

 

どうしてもシミについて調べたい方はトリニティーラインの公式サイトよりも、先に口コミ情報( ⇒ トリニティーラインの口コミ情報はこちら!! )を確かめてみるのも良いかもしれません。公式サイトはまた違った内容が確認できるかもしれません。

 

結局のところ、トリニティーラインの効果は本人が試してみて感じることなのかと私は思います。使用する方次第で効果の感じ方も違いますし、実際に効果の出方も違うの事実ですから(笑)

 

 

▼モンドセレクション最高金賞受賞▼

【トリニティーライン】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加