トリニティーライン使い方

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

トリニティーラインの使い方のコツは!?

 

 

トリニティーラインは、化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1本でできるオールインワンジェルです。基本的には塗るだけなので、使用法は簡単ですですが、やはりどうせ使うなら少しでも効果的に使いたいところです。

 

そこでですが、この記事ではトリニティーラインの正しい使い方、使う上での注意点、保管方法などを詳しく調べ、まとめてみました。これからトリニティーラインを使用する予定の方はぜひ、参考にしてください。トリニティーラインで肌質改善のために役立つ内容ではないかと思います。

 

 

トリニティーラインの使い方※一連の流れ※

 

 

先ず始めに調べたのはトリニティーラインの正しい使い方です。

 

【基本的な使い方】

 

●使用量の目安
・パール粒2つ分(約1〜1.5カ月分)

 

使用するタイミング 昼 夜

 

●ステップ1
洗顔後、『ジェルクリームプレミアム』を手のひらに適量とり、額・両頬・鼻・あごの5カ所にのせます。両頬は少し多めにのせてください。

 

●ステップ2
指の腹を使い、下から上、中心から外にゆっくりと力を入れずにやさしくなじませます。目のまわりのデリケートな部分は、特にやさしく。

 

●ステップ3
最後に両手で肌を包み込むように押さえると、『ジェルクリーム』の浸透感がさらに高まります。ゆっくり10秒くらいが目安です。

 

この様にトリニティーラインは朝晩に3ステップで塗るだけです。ぜひ、朝晩の肌の手入れに使うと良いでしょう。 また、朝は紫外線対策のため、ジェルの後に日やけ止めクリームなどの合わせて使うとより良いでしょう。

 

トリニティーラインは化粧水、乳液、美容液、クリーム、下地(保湿による)の機能を兼ね備えた化粧品です。洗顔後にこれ1つのスキンケアでエイジングケアができます。 ですが、肌悩みや肌質に合わせて化粧水やクリーム、美容液などを併せて使うのもありかとは思います。

 

 

トリニティーラインの使い方※保管方法について※

 

 

トリニティーラインは未開封のまま正しく保管されていれば、製造から3年間は使用できます。開封後はできるだけ早めに使いきってください。 取り扱い方や保管方法によっては、変質する可能性もありますので下記のことにご注意してください。

 

  1. 開封後はできるだけ早く使ってください。一度手にとった化粧品は容器に戻さないでください。
  2. 高温・多湿または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
  3. 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  4. 使用後はフタをきちんと閉めて保管してください。

 

しばらく使いにならなかった製品の使用を再開される場合は、一度確認してから使うと良いでしょう。キャップを開けてみて、変な臭いがする、中身が分離している、色が変わっているなど、どこかおかしいなと感じたとき使用を控えるべきでしょう。

 

その場合は、もったいないとは思いますが改めて購入し直す事が賢明です!!

 

 

トリニティーラインの使い方の注意点とは!?

 

次にですが、トリニティーラインの使い方の注意点もまとめてきます。意外と忘れがちな内容なので覚えておいてください。

 

濡れた手や額に塗りつけてしまう!!

 

トリニティーラインは乾いた肌に使うのが基本です。たまにですが洗顔後の濡れた肌に塗る方がいますが、濡れた肌に使う事で効果が出にくくなります。トリニティーラインの成分が水分で薄くなるうえに、浸透力も弱くなるという事です。

 

強くごしごしと擦る!!

 

私たちの普段何気なく使っている化粧品というのは肌に塗布する際に摩擦が生じている可能性がります。これが原因で肌質が悪化していることもありシミやシワの原因という事もあります。トリニティーラインを使用するのであれば、優しく肌に伸ばす事を意識するべきです。

 

この様に注意点もよくよく考えれば気が付けるような内容ばかりです。ですから、この記事を見ている方もトリニティーラインで正しい使い方をされ、効果を実感冴えることを私も祈っています(´∀`*)ウフフ

 

 

▼モンドセレクション最高金賞受賞▼

【トリニティーライン】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加