トリニティーライン 成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

トリニティーラインの成分チェック!!

 

 

【トリニティーラインの全成分チェック】
シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

 

トリニティーラインは8年連続モンドセレクション金賞受賞という人気商品です。トリニティーラインは1本で化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が期待できます。その秘密は言うまでもなく成分に隠されているからです

 

そこでですが、この記事ではトリニティーラインの成分を詳しく調べてみました。トリニティーラインの成分を詳しく調べれば、いかにトリニティーラインがオールインワンジェルとして有効なのか分かるのではないかと思います(・∀・)b

 

 

トリニティーラインの成分その1【美容成分95%以上】

 

 

化粧品は水をベースにしている。ならば、この水をすべて美容成分に置き換え、濃度をもっと高めることで、より効果の期待できる化粧品ができないか。。。そう考えたドクタープログラムは9年の歳月をかけて開発し、かつてない高濃度配合に成功しました。

 

トリニティーラインは水を一滴も加えず、95%以上を美容成分で満たす新発想でできています。ですから、より濃縮した有効成分を肌奥まで効率的に浸透させることができるのです。

 

 

トリニティーラインの成分その2【美容成分48種類配合】

 

 

トリニティーラインは年齢肌に必要な48種類の美容成分を贅沢配合に配合しています。

 

保湿  ⇒ 天然型セラミド、モイストセラミド成分、レシチン、4種のヒアルロン酸、マリンコラーゲン、14種のアミノ酸、アミノキャッチ、スクワラン
ハリ・弾力 ⇒ ホチキスポリマーα、ツボクサエキス、クアトロリフト
キメ・つや ⇒ カンゾウ根エキス、シラカンバ樹液、クチナシエキス、オトギリソウエキス

 

ですから、肌に優しく保湿、ハリや弾力、キメやツヤに効果的に働きかけるkとができるのです。

 

 

トリニティーラインの成分その3【セラミド成分55倍配合】

 

 

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。高保湿、セラミド成分を従来品に比べ55倍の高濃度配合しています。

 

大人の肌がゆらいでしまう大きな原因のひとつが、肌の保湿成分セラミドの減少です。失われたセラミドをたっぷり補うため、従来品の55倍もの「セラミド成分」を配合する事でカバーしてくれます。

 

 

トリニティーラインの成分その4【余計な添加物の排除】

 

 

トロリにティーラインは無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、ノンパラベンアレルギーテスト済み、パッチテスト済み、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済、連用テスト済です。品質とやさしさにこだわり、成分を厳選しています。敏感になりがちな年齢肌のためにやさしい使い心地です。

 

※全ての方にアレルギー皮膚刺激が起こらないというわけではありません

 

 

トリニティーラインの成分を肌内部に浸透させるナノ技術にも注目です!!

 

 

 

実は、美容成分の多くは、細胞間よりも大きくそのままでは浸透しにくいという欠点がありました。どんなに優れた美容成分も、浸透力が弱ければ効果が発揮されにくくもなります。そこで、角層細胞のすき間を通り抜ける2つのナノカプセルを採用。これにより、美容成分の高濃度配合も実現。かたくなりがちな年齢肌にも濃厚な美容成分をしっかり届けます。

 

 

多重層ナノカプセルとLHPナノカプセル

 

 

トリニティーラインは、多重層ナノカプセルとLHPナノカプセルという、浸透技術を採用しています。上記の画像はイメージですが、実際にどれくらいの効果が期待できるかについても試験が行われてりうという事です。

 

乾燥による小ジワを目立たなくする抗シワ試験にて、効能評価試験済みです。ジェルクリーム プレミアムの使用前後でシワの変化を測定も行われ、乾燥による小ジワを目立たなくすることが実証されています。ですから、トリニティーラインの成分や浸透技術は確かなもの出るのは間違いない事です。

 

後は、使用する私たちが正しい使い方で継続できるかも重要になってくるでしょう(・∀・)b

 

 

▼モンドセレクション最高金賞受賞▼

【トリニティーライン】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加